心を癒す色とりどりの花

名古屋の冬が終わればいよいよ待ちに待った春がやってきます。
時期別に花の種類と有名スポットをご紹介します。

2月中旬~3月

梅名古屋市農業センターのしだれ梅祭り
センター内にある700本のシダレウメは本当に美しく、ほのかな梅の香りを漂わせています。毎年2月末から3月中旬にかけて「しだれ梅祭り」が開催されます。
緑区の大高緑地公園に咲く梅
春になると芝生が敷き詰められた公園で梅の花が一面に咲き、家族連れでにぎわいます

3月~4月椿

椿東山動植物園
園内には椿園があり、約250品種もあって1,000本が次々に咲きます。一番の見頃は3月下旬。

3月下旬~4月

桜の名所・名古屋城
敷地内には1600本のソメイヨシノシダレザクラ他があり、夜になるとライトアップされます。
東山動植物園
3800本のソメイヨシノ、サトザクラ、ヤエザクラが楽しめます。
鶴舞公園
園内にはソメイヨシノを中心に約1000本の桜が植えられ、花見時期にはぼんぼりが灯されます。4~6月には「鶴舞公園花まつり」などのイベントが催されます。
庄内緑地
ソメイヨシノを中心に約1000本の桜が咲き、あまりの美しさに桜の名所となっています。桜のトンネルも楽しめます
平和公園
市内でも有数の桜の名所となっていて、東山公園に次ぐ規模(約2,300本)を誇っています。公園の中央部には「桜の園」と名付けられた場所があります。
大高緑地 
だだっ広い敷地内にソメイヨシノ、ヤエザクラ、ウコンザクラ、シダレザクラなど 約1500本があり、一本一本に木の名前が付いています。
荒子川公園 
川の辺にずら~と並んだソメイヨシノが満開になると何とも幻想的で素晴らしいの一言です。夜になるとライトアップします。
山崎川
さくら名所百選」にも選ばれた全国的にも有名な桜の名所。石川橋から新瑞橋までの2.8kmに約600本あります。もちろん、夜になるとライトアップされます。
しだれ桜

4月下旬~5月チューリップ

名城公園 
約45000本のチューリップが咲き、風車があるのでまるでオランダに居る気分。
東山動植物園
約8000本のチューリップが咲いています。
鶴舞公園
色とりどりの9000本のチューリップがお出迎え
チューリップ

4月~5月上旬ツツジ

ツツジ名城公園
20万本のうち池のほとりに咲いたツツジを名古屋城をバックに写真に収めればちょっとした芸術作品になるかも
東山動植物園
東山植物園の200mローラー滑り台「樹快ダー」は、「つつじが丘」の中にあり、滑り台の左右の満開のツツジの中を滑るのはとても気分爽快!ツツジは計4500本
東谷山フルーツパーク
色んなフルーツを食べに行ったついでに1,000本のツツジで目と心の保養に

4月中旬~4月下旬ボタン

ボタン徳川園
1400株 のボタンが咲いています。 冬は園内のいたるところに雪よけのわら囲い(わらぼっち)に囲われたなかに寒ボタンの花が咲き、これもまた風情があっていいものです。
名古屋城
二之丸にぼたん園あり。濃紫色や赤色、桃色など様々な花色のボタンが450株咲いてます。

4月下旬~5月上旬

藤中村公園
20本のが天井を覆います。藤の名所で有名。
名城公園
名古屋城をバックに85本のが初夏の爽やかな風に乗って甘い香りを送ってきます。
東山動植物園
30本のがいい香りを漂わせています。この香りのせいなのか心なしか動物達もウキウキ気分のような♪

5月上旬~6月上旬バラ

バラ庄内緑地
バラ園には2200本の色とりどりのバラがビッシリと咲いていてとても綺麗です。
鶴舞公園
5月の澄み切った青空の下で見る2000本のバラはとても綺麗です。

5月上旬~6月上旬あじさい

あじさい鶴舞公園
野球場の近くにある「あじさいの散歩道」で3,500株のアジサイが見ごろです。園内ではアジサイ展が催され色んな種類のアジサイが並びます。

6月上旬~6月中旬花しょうぶ

花しょうぶ鶴舞公園
公園の東側には日本庭園があり、その中の「しょうぶ園」では約90種約2万株のショウブの花が艶やかに咲いています。
庄内緑地
公園内には花しょうぶ園があり、14000株の花しょうぶが咲いています。
名城公園
園内には3600株の花しょうぶ咲いています。さほど広い範囲で咲いていませんが、名古屋城をバックに花しょうぶを観賞できるなんて贅沢です。

6月ラベンダー

ラベンダー荒子川公園
園内にはラベンダー園があり、3種類5000株のラベンダーが一面に咲いています 。館内の喫茶コーナーでラベンダーの商品を楽しむこともできます。

6月上旬~7月中旬ゆり

ゆり千種公園
広さ約500平方メートルのユリ園には、18品種約1万3000株のユリが植えられていて、白はもちろん、オレンジやピンク、黄色、など色とりどりのゆりの花が 咲きそろいます。
満開になると、ほのかに香るユリの甘い香りに包まれます。

10月~11月上旬

菊名古屋城
毎年違ったテーマで菊の花を歴史上の人物の人形に飾る「菊人形展」が催されます。とほぼ同時期に、この地方では最大級「菊花大会」が催されます。 「菊花大会」は名古屋城観覧料(500円)で楽しめます。
菊人形展(10月上旬~11月下旬)、菊花大会(10月下旬~11月下旬)開催

10月~12月上旬紅葉

東山動植物園
東山植物園では11月中旬から12月上旬にかけて「もみじ狩り」が催されます。
和太鼓の演奏会、チェンソーアート、琴と尺八の演奏会など幾つかの行事が行われます。
名城公園
ナンキンハゼ、ケヤキ、サクラなどが色づきます。
八事山興正寺
1686(貞享3)年に創建された徳川家ゆかりの寺。五重塔は国の重要文化財に指定されています。秋の紅葉が有名で、趣のある景観が楽しめます。

香嵐渓
名古屋市内ではありませんが、東海地区を代表する紅葉の名所。名古屋から車で1時間ほどかかります。約4000本のカエデが赤、橙、黄と色を重ね、清流に映えてまさに絶景。シーズン中は夜にライトアップされまさに幻想的。 シーズンになると多くの観光客が訪れ道路は大渋滞になります。

香嵐渓の紅葉

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ