インフォメーション

syatihoko-1

愛知県の西部に位置し16区で構成されている名古屋市は 横浜市・大阪市に次ぐ全国第3位の人口を有し、東京と京都の間に位置することから、中京とも 呼ばれ、三大都市圏の一つである中京圏(名古屋圏)の中枢都市となっています。

また、政令指定都市に指定されていて、中部地方の政治・ 経済・文化の中枢でもあります。

名駅と栄が、広域集客可能な繁華街となっていて、市の中心部となる栄と名駅一帯は地下街が 発達しています。

近隣都市からも集客するショッピングエリアを持つ商業都市と二つの顔をもっています。

それに伴い、地下鉄網もかなり充実していて、名古屋市内の移動がかなり便利になりました。

現在も地下鉄工事は各地で進んでおり、これからもよりいっそう便利になると思われます。

なお、地元住民は名古屋駅の事を 名駅(めいえき)と呼び、これは名古屋駅周辺の行政地名にもなっています。


名古屋のオススメベスト3


お土産 名古屋の遊べるスポット 名古屋の格安ホテル
青柳ういろう 名古屋市科学館 ホテルキヨシ名古屋第2
八丁味噌 名古屋港水族館 ホテルエコノ名古屋栄
守口漬け 東山動植物園 ホテルキヨシ名古屋
名古屋のお土産 名古屋の遊べるスポット 名古屋の格安ホテル
各お土産は楽天市場やヤフーショッピングで購入できます。 全国的にはマイナーでも地元では人気の遊び場スポット。 ビジネスや朝食なしなど各種格安プランがあります。

名古屋市内ではタヌキやキツネも生息。

自然環境においては市内に1571の昆虫が生息し、これは県下の26%にあたります。

市内東部ではリス、タヌキ、イエコウモリ、コウベモグラ、ノウサギ、キツネの生息が確認されていて、 野鳥類では現在約240種が生息しています。

日本の三大都市にもかかわらずこのように自然豊かなのは、名古屋市が環境に対して高い関心があるからです。 というのも、ゴミ埋立地として予定されていた藤前干潟の 埋め立て計画を環境保護のために断念し、名古屋のごみ処理が限界を迎えたことにより、市民自身が 環境の大切さを意識し始め、複雑で面倒な「ゴミの分別」に協力してきた経緯があるからです。

名古屋は市民挙げて名古屋を盛り上げているのです。

そして今、河村たかし市長のもと、新しい名古屋が発進しようと しています。国として出来なかったことをまずは名古屋からやっていこうとする所謂「庶民革命」です。

これからの名古屋市を是非注目していてください。

ちなみに、市章は現在の名古屋市を拠点に尾張を統治した親藩、徳川御三家筆頭格の尾張徳川家の 合印に由来する「八」。

平成22年には「名古屋開府400年祭」が催され、各地でいろんなイベントが開催されました。

名古屋開府400年祭

当サイトは、私の地元である名古屋を中心とした観光、グルメ、暮らし、名古屋市としての取り組みなど、 今の名古屋がどんなに素晴らしい都市なのか紹介しています。

一度見ていただき、今度名古屋におこしの際に是非参考にしてください。


夏のまつり(6月~8月)

熱田まつり 年間70ほどの神宮の行事中、熱田神宮最大の祭典で、勅使による御幣物の奉納が行われる。 呼び物の「献・・・

春のまつり(3月~5月)

名古屋城春まつり 桜の名所である名古屋城には、ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラ、サトザクラ、珍しいところ・・・

名古屋周辺の温泉

名古屋市内だけでなく名古屋市の周りには幾つかの温泉が点在します。

富士見温泉

アーバンクアキャッスル記念橋店内にある県下最大級の大浴場を誇る天然温泉。湯上りはお肌ツルツル、すべすべが特徴の・・・

天然温泉白鳥の湯

港区にある天然温泉(スーパー銭湯)。敷地内から湧出する豊富な自家源泉を使う温泉スーパー銭湯。48.3°と市内最・・・

大名古屋温泉

市内初の高熱天然温泉(低張性弱アルカリ高温泉)。 地下1100mからくみ上げた源泉かけ流しの湯量豊富な大浴場で・・・

三つ蔵温泉

名古屋の都心にあるビジネスホテル(名古屋クラウンホテル)の中にある掛け流しの天然温泉(単純温泉)。 客室数は6・・・

名古屋観光ルートバス

名古屋観光名所巡りルートバス メーグル 名古屋の見どころ     わくわくメーグル!        ぐるっとメ・・・

名古屋市外周辺エリア

名古屋自慢だから名古屋市内だけではもったいないので 名古屋を基点とした市外の観光スポットをご紹介します。

笠寺、鳴海、有松周辺

昔の町並みをいまだに残している有松 有松は、東海道53次の宿場町として知られ、「有松絞り」としても有名で、当時・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ