農業試験場の梅祭り

2011年3月05日に名古屋農業センターで開催された「しだれ梅祭り」に行ってきました。

毎年行なわれる「しだれ梅祭り」では、しだれ梅だけでなく、色んな種類の梅が咲き乱れ、来る人の目を和ませます。

変わった食べ物や昔ながらのお菓子などのお店がたくさん並び、お祭りを盛り上げます。

ここではその「しだれ梅祭り」での風景をご紹介します。

しだれ梅祭りこの日は朝から天気が良く、絶好の行楽日和ということで、朝の10時30分ころにここ名古屋農業センターに到着しましたが、すでに専用駐車場は満車で、臨時で作られた開催場と少し離れた場所に案内されました。

駐車した場所は住宅街の空き地でしたが、会場までの距離はさほど遠いという事もなく程よい距離でした。

尚、開園時間はAM9:00~PM4:30、休園日は毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)と12月29日から1月3日

しだれ梅祭り満開の梅の前でお経を読むお坊さんが立っていました。どのくらい立っているんでしょう?

いい機会だと思って少しだけお金を入れてきました。

そばに行ってはじめて分かったんですが、実はこのお坊さん外人さんだったんです。
でも、お経は日本語?でしたよ。(笑)

しだれ梅祭り
ご覧のように多くの人たちが行き交う、しだれ梅祭りの会場には、色鮮やかな多くの種類の梅ノ木が立ち並んでいます。なんでも、この会場には、約700本ものシダレウメがあるそうです。

屋内には、梅の盆栽がたくさん並べられていて、見事な光景でした。

皆さんが愛情込めて作った作品だけに目を見張るものがありました。

梅祭りと言えば抹茶です。

抹茶コーナーしだれ梅祭りといえば、お決まりなのが「抹茶コーナー」。

一人500円とちょっとお高目かなと思いますが、せっかくなので家族3人分を購入して抹茶をいただくことにしました。
梅祭りでのこのような抹茶コーナーは良く見られる光景ですが、こうして目の前で抹茶をたててくれるのは珍しいです。

抹茶コーナー
うら若き晴れ着姿の清楚な日本人女性が、私たちの目の前で抹茶をたててくれました。
梅の香りのする中での抹茶をたてる光景も風情があっていいものです

若いイケ面男性もいたので女性の方も見て楽しめますよ^^
主催者側もこれを狙っているかもしれませんね^^

抹茶これがたてていただいた抹茶と和菓子です。

満開の梅の花に囲まれて、梅の香りが漂う中でいただいた抹茶はすごく美味しかったです。

目の前で抹茶をたてるところが見られて、満開の梅の花に囲まれていただけるんですから、500円なら安いかもしれませんね^^

梅だけでなく牧場で作られたソフトクリームや大道芸が楽しめます。

牧場

もともと牧場を中心に勉強してもらうために活動しているようで、実際に牛を飼育して搾乳しています。多くの人に楽しんでもらうために”搾乳マシーン”なるもので搾乳がどのようなものかを体験することが出来ます。実際にやってみましたが、意外と難しいです。
でも、いったんコツをつかめば簡単に搾乳できるようになりますよ。
一回、本物の牛を搾乳してみたくなりました。
また売店では、ここで搾乳された生の牛乳で作られたソフトクリームが好評で、買い求める客で長い行列が出来ていました。

休息所会場内にある休息所にはこのようにビニールハウスを休息所代わりにしています。

3月の上旬でも寒いですから、このように冷たい風をさえぎる休息所も変わっていて面白いですね。
中では牧場の売店で買ってきたソフトクリームを美味しそうにほおばる家族が多かったです。

鶏牧場には牛だけでなく鶏やブタなど多くの家畜が飼われています。

鶏一つとってもいろんな種類がいます。

この写真は名古屋が誇る名古屋コーチン。

美味しくて有名ですね^^

大道芸
会場内では一部を借りて大道芸を披露していました。この写真は「オマールエビ」という名前の芸人でした。ユーモアを交えて披露された芸はすごいものがありみんな拍手を送っていました。

しだれ梅祭り期間中に1日2回やっているそうです。

右の「みたらし」の写真ですが、一見5本買うとお徳だと錯覚してしまいましたが、良く考えると、1本あたりの金額は何本買っても同じだと言うことが分かります。きっとシャレなんでしょうね。

あまりに面白かったので写真に収めました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ