名古屋港周辺

“海洋”観光スポット「名古屋港水族館」と日本の鉄道の歴史「JR・鉄道館」

名古屋市の南部にあたる名古屋港周辺は、その昔(昭和34年)9月「伊勢湾台風」により大きな被害を出したことはあまりに有名ですが、多くの犠牲を無駄にしてはならないとのもと目覚しい復興をとげ、今では名古屋の観光名所の一つになっています。

名古屋港ポートビル左の写真は名古屋港のシンボルマークとも言われている名古屋港ポートビル南極観測船ふじ。ビル内には海洋博物館があります。

特に地上53mの7階展望室からは、港が一望でき、眺めは最高!

その隣には、昭和40年から18年間活躍した「南極観測船ふじ」が当時の姿のまま保存、永久係留されています。

名古屋港シートレインランド

水族館の隣に位置する名古屋港シートレインランドは、夜はカップルのデートスポットとして、週末は家族連れの遊びのスポットとして、賑わいをみせています。

左の写真のように観覧車もあり、伊勢湾から名古屋市街、名港トリトンまで一望できます。恐怖診断が出来るゾンビパエック死霊の館もおすすめです。
入園料金は、無料。

国内3位の入場者数を誇る名古屋港水族館

国内屈指のスケールと人気を誇る名古屋港水族館。イルカたちがパフォーマンスを披露するメーンプールは60m×30mで深さは12mと世界最大級!

名古屋港水族館

日本の鉄道の歴史が名古屋港に「JR・鉄道館」

2011年3月14日に名古屋港にオープンした「JR・鉄道館」。

JR・鉄道館
蒸気機関車から次世代移動システムのリニアモーターカーまで実際に使用した車両が多く展示されています。

中でも注目なのが「シミュレーション」でCGを使って運転体験ができます。

ただし抽選でしかやらせてもらえません。

それも当選確率がものすごく低いので簡単には当たりませんので覚悟しておいてください。

歴代の列車

詳しくはこちら

名古屋港周辺の宿泊施設ご案内

名古屋港周辺にはオススメできる宿泊施設がありませんので、金山周辺で探すことをオススメします。

金山周辺の宿泊施設一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ