リニューアル前の旧科学館をご紹介!

長年名古屋市民に親しまれている名古屋市科学館の旧設備をご紹介

430名収容のプラネタリウムを備え、天文に関する展示や催しを行う「天文館」、物理・化学・工業の基本原理と最新技術を観て触って体験できる「理工館」、生命科学をテーマにした「生命館」の3つの施設で構成される科学館。

2011年3月、隣接地に新館が建設され、天文館と理工館がリニューアルされました。

世界最大級の直径35メートルのプラネタリウムが完成!
旧科学館

ここで紹介されている写真はリニューアル前のもので、私も何度かお世話ないなりました。

旧館が取り壊される前にもう一度見ておこうと多くの人が訪れた

旧科学館
旧科学館

最終日に近づくにつれて別れを惜しむ人が続々と訪れ、大盛況でした。
朝10時に行ってもこの行列でした。
正直言ってこんなに人が集まるとは思いませんでした。
科学館の人気度がいかに高いかお分かりでしょう。
心から「ご苦労様でした」と言いたいです。

感謝、感謝です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ