東山動植物園の子供動物園

東山動植物園では実際に動物をなでたり、
抱っこしたりすることができる、
子供動物園「ふれあい広場」があります。

ここではその風景をご紹介します。
ふれあい広場コレが正面入り口です。

開園時間は午前9時~午後4時、入場は無料(東山動植物園の入場料で入れます)。

授乳室、給湯室、売店、手洗い場、トイレ、身障者用トイレが併設されてます。

中央がゲートになっていて、左側にはお土産が売ってます。

ヤギ中は一応柵で囲まれて、中にはヤギや羊がのんびりとすごしています。

時間になるとここから人がいる広場へ出てきます。

餌売り場時間(1日4回、午前と午後2回ずつ)になると餌売り場の前に行列ができますが、たいして並ばないのであわてて並ぶ必要はありません。

一通り売り終えると羊やヤギたちが判っているのか、人に近づいてきて餌をおねだりします。

餌
こうして柵から顔を出してヤギや羊が餌をおねだりします。

その食べっぷりが小さな子には怖いみたいで、みんなおっかなびっくりで餌を与えてました。
中には泣いてしまって餌を与えることができない子もいました。

ヤギ
他にも美味しい餌がないかと係員の作業場を覗いておねだりしている欲深いヤギもいます。
こういうヤギは客の餌にはあまり興味がないみたいです。
このヤギは、この日はずーとこうして作業場を覗いてました。

ヤギ

ヤギの目を良く見てください。

瞳が横長の長方形になってます。動物によって瞳の形にもいろいろな形があるのがわかります。

モルモット
モルモットを抱っこさせてくれます。ただし、口に指を持っていくと噛み付かれることもあるとかで、慎重に抱っこさせていただきました。
非常におとなしく、触った感じは毛並みがツルツルとした感じというのでしょうか、気持ちよかったです。

「小鳥とリスの森」でリスが間近に見ることができます。

小鳥とリスの森
小鳥とリスの森ではニホンリスやメジロ、ウグイスなどの小鳥を間近に見ることができます。
コツは、なるべく朝早いほうがリスを見られるそうです。
この日はラッキーにも午後からでもリスが見られました。

小鳥とリスの森
中はこんな感じになってます。
ふくろうが起きてましたが、確か夜行性では?・・・・

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ